--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-08-08

【東ティモール】グスマン氏を首相に任命

東ティモールで先の総選挙の結果を受け、ラモス・ホルタ大統領は第2党・ティモール再建国民会議(CNRT)党首のシャナナ・グスマン前大統領を首相に任命した。同党と社会民主党=ティモール社会民主協会(PSD-ASDT)、民主党(PD)は中道・左派の連立政権形成で合意していたが、ラモス・ホルタ大統領は前与党の左派・フレティリンも含めた国民和解のための挙国一致内閣を模索してきたが交渉は成立せず、フレティリンは第1党ながら下野することとなった。
これに不満を持つフレティリン支持者は7日から支持基盤の強い各地で放火や投石を行い、首都ディリでも街頭でタイヤを焼くなどの暴力的抗議を頻発させている。今後の治安情勢の悪化が懸念される。

========
暴力で物事を解決する傾向が強いとされる東ティモールの悪い点が出ているような気がします。カリスマ的指導者が多いとはいえ、その知恵をいかに庶民レベルにまで広げるかが今後のカギといえるでしょう。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。