--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-19

【フランス】下院選で右派与党勝利も社会党巻き返し

17日に行われたフランス国民議会(下院に相当。定数577、決選投票つき小選挙区制)の第2回投票の結果、サルコジ大統領率いる右派与党・民衆運動連合(UMP)は313議席を獲得。大統領与党の総体で345議席を確保した。しかし前回、02年のシラク大統領与党合計の399議席からは予想外の後退となった。またフィヨン内閣ナンバー2のジュペ環境相(元首相)が僅差で落選し閣僚辞任に追い込まれるなど、取りこぼしも目立った。
劣勢が伝えられていた社会党はサルコジ政権へのチェック機能の訴えが功を奏し186議席を獲得、前回比で45議席を伸ばし復調の兆しを見せた。また緑の党も伸ばしたが、共産党は後退した。
中道のバイル派は親サルコジ派・新中道との分裂後、固い選挙協力を組めなかった影響もあり3議席にとどまった。

選挙結果は次のとおり。
(カッコ内は前回比。ただし右派・中道勢力は再編のため、前回比はほぼない)
大統領与党 345(-54)
・民衆運動連合(UMP)313
・新中道(NC)22
・その他の右派 9
・フランスのための運動(MPF)1(±0)
統一左派 227(+49)
・社会党(PS)186(+45)
・フランス共産党(PCF)15(-6)
・その他の左翼 15
・左翼急進党(PRG)7(±0)
・緑の党(Verts)4(+1)
民主運動(MoDem)3
その他の地域主義者 1
その他 1

=========
社会党が予想外に復調したいっぽう、投開票当日にはロワイヤル氏とオランド第一書記の「パートナーシップ」解消が報じられるなど今後、社会党の動向に注目でしょう。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。