--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-28

【アイルランド】与党・共和党が政権維持へ

24日に投票が行われたアイルランド下院総選挙(定数166、中選挙区移譲式比例代表制)は反英・中道保守の共和党(フィアンナ・フェイル、FF)が77 議席を獲得して第1党を維持、アハーン首相の続投を確実とした。今回総選挙では対英穏健派で中道リベラルの傾向がある統一アイルランド党(フィン・ゲール)、社会主義インター加盟政党でもある労働党、および緑の党の3党が「中道左派」として連携し、特にフィン・ゲールが急伸したが3党合計で共和党と同等の77議席にとどまり、一歩及ばなかった。フィアンナ・フェイルと連立を組んでいた進歩民主党は議席を減らしたが、左派だが反英のシン・フェイン党などはアハーン首相を支持するとみられ、無所属議員も含めてアハーン首相の続投が確実視されているほか「中道左派」陣営から緑の党の政権参加がいわれている。

政党別の名簿を使用せず、個人候補者に順序を付けて投票し開票時に複雑な再集計を繰り返す中選挙区移譲式比例代表制のため選挙結果はまだ最終的に確定していないが、現時点では次の数字となっている。カッコ内は前回比。

共和党(フィアンナ・フェイル)77(-4、中道保守・反英)
アイルランド統一党(フィン・ゲール)51(+20、中道・対英穏健派)
労働党 20(±0、中道左派)
緑の党 6(±0、エコロジスト)
シン・フェイン 4(-1、左派対英強硬派)
進歩民主党 2(-6、経済右派)
無所属その他 5(-9、今回当選者は全員無所属)

==========
アイルランドは親英か反英かをめぐっての2大中道保守政党が長らく政権を争ってきました。フィアンナ・フェイル(ケルト系のゲール語で「宿命の戦士たち」というそうです)は対外的には民族主義、国内的にはカトリック保守の政策を掲げて長いこと連立せずに政権担当・離脱を繰り返してきましたが、90 年代からは同党も連立政治を積極的に繰り広げるようになっています。もっとも最大のライバルであるフィン・ゲールとの連立は1度も成立したことがありません。
アングロ・サクソン型比例代表制ともいわれる中選挙区移譲式といい、そしてもちろん北アイルランド紛争との関連といい、なかなか興味深い政情です。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。