--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-14

【東ティモール】ラモス・ホルタ首相が大統領に当選

9日に行われた東ティモール大統領選挙の決選投票は、ラモス=ホルタ首相が前左派与党・フレティリンのルオロ国会議長を破り当選を果たした。第1回投票で敗れた候補の大半からも支持を取り付けたラモス=ホルタ候補の得票率は暫定集計で69%に上り、ルオロ氏を圧倒した。しかしフレティリンの地盤ではルオロ氏が圧勝する地域もあるなどレイナド少佐の反乱に連なった地域対立も表面化し、今後の課題となった。

=======
ゲリラ革命組織が政権に就くことは多いですが、その場合どうしても強権・暴力体質が残る可能性があります(あの南アのANCさえも)。社会主義インターに加盟するフレティリンさえ例外ではないということでしょうか。もっともラモス=ホルタ氏も立派な方ですし、政治的複数性は確保しつつも一致団結して、まずASEAN加盟に向けた国づくりを進めて欲しいと思います。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。