--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-05

【トルコ】総選挙を前倒し実施へ

穏健イスラム保守与党・公正発展党(AKP)のギュル外相を国家元首である大統領に選出することをめぐって世俗派が大々的に抵抗していたトルコで、憲法裁判所の大統領選出プロセス違憲無効の判断を受けたエルドアン首相は政局打開のため、総選挙の前倒し実施を決定した。投票日は7月22日となる方向。

総選挙では好調な経済を背景にAKPの過半数獲得が有力視されているが、近現代トルコの国父ケマル・アタチュルクが創設した中道左派・社会主義インター加盟の世俗野党である共和人民党(CHP)も世俗派の攻勢を背景に支持を伸ばしつつある。また前回総選挙では10%という高い阻止条項のため議席を得られなかった他の世俗派保守野党も議席を復活させる見通しとなっている。今後はギュル外相と世俗派候補のいずれが新大統領に選出されるかが注目される。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。