--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-28

【カナダ】ケベック州議選で3極化が鮮明に

26日に行われたカナダ・ケベック州の州議会議員選挙(定数125、小選挙区制)でジャン・シャレー州首相を支える州与党・ケベック自由党(PLQ)が第1党を維持したものの過半数を失い後退。第1野党だった社会主義系独立派のケベック党(PQ)も後退し、代わってデュモン党首が率いる仏語系民族主義のポピュリスト保守政党、ケベック民主行動(ADQ)が議席を急増させた。
連立政権の習慣がないカナダでは第1党は辛うじて維持した自由党政権の継続は確実だが、議会で過半数を失ったことにより少数政権となる州政権の不安定化が懸念される。またケベック党への不満がケベック民主行動の躍進につながった以上は両党の提携も考えにくく、州政の分極的な3極化が進行したこととなる。
なおカナダでは連邦レベルの自由党とケベック自由党は過去50年、公式には別の政党となっている。

選挙結果は以下の通り(カッコ内は前回比)
ケベック自由党 48(-28、中道リベラル)
ケベック民主行動 41(+37、仏語派のポピュリスト保守)
ケベック党 36(-9、社会主義独立派)
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。