--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-03-31

【フランス】県議選で与党・社会党大敗

フランス全国で22日および29日、県議会議員選挙(小選挙区2回投票制)が行われた。その結果、オランド大統領与党の社会党(PS、社会主義インター・進歩同盟加盟政党)はじめ左派は大きく後退し敗北。サルコジ前大統領を先頭とする右派(保守)が大きく前進し勝利をおさめた。また躍進がいわれた極右・国民戦線(FN)は小選挙区制に阻まれ、約半数の選挙区で決選投票まで残ったものの、事前予想を下回った。今回の結果、約3分の2の県議会で右派(保守)が過半数を占める見通し。

今回の県議会議員選挙では小選挙区制ではあるが、男女の候補者がペアを組んで立候補する新制度が採用されたため、県議会の男女比は必ず同数になるように工夫された。これまで古い地方行政制度である県の議会は男性議員の牙城であったが、それが崩されることとなった。今後はこの新制度の定着や運用も注目される。

社会党 公式サイト(フランス語)
http://www.parti-socialiste.fr/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。