--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-03-07

【エストニア】総選挙で社民党が第3党に

1日、バルト3国の北側に位置するエストニアで総選挙(定数101、比例代表制)が行われた。その結果、隣国ロシアに強い姿勢をとってきたロイバス首相の右派リベラル政党・改革党が第1党に、ロシアとの融和を訴えてロシア系住民の支持を集めた左派リベラル政党・中央党が第2党となった。イルヴェス大統領を擁する社民党(旧穏健党、社会主義インター加盟政党)は一時は第1党となる予測もあったが、第3党にとどまった。

Taavi_Rõivas
ロイバス首相(改革党)

Sven_Mikser_2014.jpg
ミクセル国防相(社民党党首)

今後はロイバス首相がNATOとの連携を強化する対ロシア強硬路線を継続できるかがカギとなる模様。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

改革党 30(-3)
中央党 27(+1)
社会民主党 15(-4)
祖国と公共同盟 14(-9)
自由党 8(新党)
保守人民党 7(+7)

なおソ連からの独立で独立派共産党の指導者として重要な役割を果たしたリュイテリ最高会議議長(当時、のち大統領)は現在、保守人民党に所属している。

社会民主党 公式サイト(エストニア語)
http://www.sotsdem.ee/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。