--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-02-24

【ドイツ】ハンブルク市議選で社民党が圧勝も過半数に及ばず

15日、ドイツ北部ハンブルク特別市(州と同格)で市議会議員選挙(定数121、5%阻止条項付き比例代表制…または中選挙区比例代表併用制とも評価できる)が行われた。その結果、社会民主党(SPD、社会主義インター加盟・進歩同盟中核政党)が圧倒的な第1党を維持したものの過半数をわずかに失い、新しい市(州)政権の枠組みは連立交渉にゆだねられることとなった。

今回の市議選ではバス路線と環境問題など交通、コンサートホール「エルプフィルハーモニー・ハンブルク」の建設費高騰、市債、オリンピック誘致、大麻の非犯罪化など多様な争点で争われたが、大きくはショルツ市長(州首相、元連邦労働社会保障相)の市政の評価を問う色彩が濃厚だった。

15937766214_d6b80645ed_m.jpg
ショルツ市長からの市議選勝利への謝意

この市議選の結果、ショルツ市長の続投は確実だと思われるが、連立相手としては緑の党(Grüne)が最も有力で実際に連立交渉に入っているものの、キリスト教民主同盟(CDU)との大連立の可能性もわずかに残る。新党「ドイツのための選択肢」(AfD)との提携は考慮されておらず、左翼党(Linke)との提携も旧東独部と違って政策に溝があるため考慮されていない。また選挙終盤に自由民主党(FDP)との提携もSPD側から断っている。

いずれにせよメルケル大連立政権にとっては特にメルケル首相自身とキリスト教民主同盟側にとして痛手となる結果となったことは確かで(キリスト教民主同盟のハンブルクでの得票率は戦後最低を記録した)、それ以外にも二大政党の議席減や左翼党の議席増、AfDの初進出など連邦レベルの大連立政権そのものへの異議申し立てがなされた結果といえなくもない。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

社会民主党(SPD) 58(-4)
キリスト教民主同盟(CDU) 20(-8)
緑の党(Grüne) 15(+1)
左翼党(LINKE) 11(+3)
自由民主党(FDP) 9(±0)
ドイツのための選択肢(AfD) 8(新党)

社会民主党ハンブルク 公式サイト(ドイツ語)
http://www.spd-hamburg.de/

#多忙のためレポートが遅れたことをお詫びします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。