--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-28

【エクアドル】反米左派コレア元財政相が勝利

26日に行われたエクアドル大統領選の決選投票は、反米左派エコノミストとして知られるコレア元財政相が、右派ポピュリストのバナナ実業家で大富豪のノボア氏を下して当選することが確実な情勢となった。コレア候補は勝利宣言を行った。
「キリスト教左翼」を自称するコレア氏はグティエレス前大統領追放後のパラシオ現大統領によって財政相に登用されたが、強い反IMF姿勢から解任された経緯がある。今回の選挙ではベネズエラのチャベス大統領との親交を強調、反米・急進左派の色彩を強く出しながら、南米4位の石油生産高を先住民など貧困層対策に活かすことを主な政策にして選挙戦を展開。第1回投票では2位にとどまったものの、決選投票までに他候補の票を大きく集め、巻き返しに成功した。現段階の集計ではノボア候補は第1回投票から票を伸ばせなかった見通し。
今後はチャベス政権、ボリビアのモラレス政権と同じく地下資源を背景にした急進左派的な政策を強めながら、キューバなどと連携も深めそうだ。また公約のひとつに国会とは別に「憲法制定議会」の召集を掲げており、新憲法の制定によって長らく不安定な状況が続いたエクアドル政治の安定化をめざすことになる。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。