--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-23

【チュニジア】大統領選決選で世俗派のセブシ元首相が勝利

21日、「ジャスミン革命」を起こし「アラブの春」の発信源となったチュニジアで、民主化の総仕上げとなる大統領選挙の決選投票が行われた。その結果、世俗派「ニダチュニス」(チュニジアの呼びかけ)のセブシ元首相(カイドセブシ元首相と報じられることが多い)がマルズーキ大統領を破り勝利。「アラブの春」が諸国で次々と挫折するなか、唯一の「革命」の成功例となった。ただセブシ元首相は88歳と高齢で、任期5年を全うできるか早くも危ぶまれている。

10847957_753024171449697_1752874519577723303_n.jpg
勝利を宣言するセブシ元首相

今回の決選投票は世俗派だが革命以前のベン=アリ旧体制の色も濃い「ニダチュニス」のセブシ元首相と、自身は中道左派世俗派の「共和国のための会議」に所属しながらも穏健イスラム主義の「アンナハダ」と提携してきたマルズーキ大統領が対決する図式となった。しかし有権者はイスラム主義による混乱を嫌い、より世俗色が強いセブシ元首相を選ぶこととなった。

10291150_753025594782888_3306036976334925805_n.jpg
ニダチュニス支持者

セブシ元首相は旧体制下で国会議長、外相などを歴任したベテラン政治家で、ジャスミン革命後にも暫定政権を首相として率いた。しかし革命後、大統領・首相・議会の権力分立を定めた新憲法下で世俗派とはいえ旧体制派が大統領と議会を握ることへの懸念も強く、マルズーキ大統領が優勢だった南部では群衆の抗議行動が治安部隊と衝突するなどしている。今後はニダチュニスとしてアンナハダと大連立を組むか、それとも世俗派のみでの政権を組むかが注目され、特に残る首相ポストをアンナハダに譲るかどうかが焦点。
なお投票率は約60%で、第1回投票の約65%より低下した。

ニダチュニス 公式サイト(アラビア語・フランス語)
http://nidaatounes.org/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。