--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-10-28

【ウルグアイ】大統領選・議会選で「拡大戦線」が優勢

26日、南米ウルグアイで大統領選挙および議会上下両院選挙が行われた。大統領選の結果「拡大戦線」(社会主義インター・進歩同盟加盟政党)のヴァスケス前大統領が49%弱を獲得して優位に立ったが、第1回投票での当選に必要な過半数にはわずかに及ばず、保守・国民党(ブランコ党、「白党」の意)のポウ下院議員とのあいだで来月30日に決選投票が行われることとなった。

1526114_954780981204380_1627501544179351765_n1-260x218.jpg
聴衆に手を振って運動するヴァスケス前大統領(右)、左はセンディック副大統領候補

ウルグアイでは深刻で構造的な不況のなか、伝統的に中道保守二大政党だったコロラド党(「赤党」の意)と国民党が支持を失い、10年前の大統領選挙でヴァスケス氏が当選、初めて二大政党以外の候補者が当選した。その後、同国では大統領の連続再選が認められていないためムヒカ現大統領が「拡大戦線」から当選、今回は再びヴァスケス氏の返り咲きを期して「拡大戦線」政権の15年間の継続を狙っている格好となる。

B0rZMk6IIAIIFpS-260x218.jpg
「拡大戦線」の選挙最終日に集まった聴衆

「拡大戦線」はそれ自体が政党であると同時に政党連合でもあり、加盟している社会党、「新空間」などが社会主義インターに加盟している。ほかに共産党やキリスト教左翼なども加盟している。これらの政党を、経済的に新自由主義だが福祉にも配慮する姿勢をみせるアストリ現副大統領(中道の「ウルグアイ集会」党首、元経済財政相)が支える格好になっている。

なお下院選挙(定数99、比例代表制)と上院選挙(定数31、比例代表制)も同様の傾向で「拡大戦線」が優勢とみられる。

拡大戦線 公式サイト(スペイン語)
http://www.frenteamplio.org.uy/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。