--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-10-05

【ラトビア】総選挙で社会民主党”調和”が第1党も政権入りはない方向

4日、バルト三国のひとつラトビアで総選挙(定数100、5%阻止条項つき比例代表制)が行われた。その結果、社会民主党”調和”が第1党を維持した。しかし中道の緑・農民同盟、中道右派の「統一」と三つ巴の接戦であり、さらに強硬右派の国民同盟も続くなど、波乱含みの政局が予想される。なお第二次大戦前以来のラトビア民族派の民主社会主義政党・社会民主労働者党(社会主義インター加盟政党)は政党連合「ラトビア地域協会」に加わり、同連合も議席獲得の方向。
社会民主党”調和”は社会民主主義を掲げると同時にロシア系住民の権益を代表する側面もある政党で、社会主義インターには加盟していないが、欧州議会では社民進歩会派に加わっている。なおこれまで社会民主党”調和”と政党連合”調和センター”を組んできた親・旧ソ連派の共産主義政党、ラトビア社会党は今回、立候補しなかった。また前回、財閥(オリガルヒ)支配を非難して新党ながら一挙に第2党となった改革党は今回「統一」の名簿に加わったものの、大きく議席を減らした。

4948174582_e141456798_b.jpg
ウシャコフ社会民主党”調和”党首(首都リガ市長)

ラトビアではロシアへの警戒感から、親ロシア政党は政権入りできず野党にとどまる傾向にある。今回もウクライナ情勢でロシアへの不信がさらに高まるなか、それが維持される方向で、第1党の社会民主党”調和”を外した連立政権樹立が予想される。
なお投票率は57%強だった。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

社会民主党”調和” 25(-6)
統一 23(-19)#前回比は「統一」と改革党の合計より算出
緑・農民同盟 21(+8)
国民同盟 17(+3)
心よりラトビアのために 7(新党)
ラトビア地域協会 7(新党)

”調和センター”公式サイト(ラトビア語)
http://www.saskanascentrs.lv
ラトビア社会民主労働者党 公式サイト(ラトビア語)
http://www.lsdsp.lv/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。