--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-09-17

【ロシア】地方選の低投票率を「公正ロシア」が批判

14日、ロシアのかなりの自治体で統一した地方選挙が行われた。その結果、プーチン政権を支える与党・統一ロシアが各地で順当に勝利を収めた。特にロシアが「併合」したクリミア共和国の結果が注目されたが、統一ロシアの圧勝に終わり、共産党など野党は及ばなかった。クリミアではウクライナの統治下にあった前回選挙では当時ウクライナの親ロシア与党だった「地域党」が勝利しており、その議員が統一ロシアに横滑りで編入・入党したことになる。
いっぽう公正ロシア(社会主義インターナショナル・進歩同盟加盟政党)は各地の地方選挙の低投票率を取り上げて批判。有権者が外出して不在になりがちな期日を選挙管理委員会が設定したと、暗に統一ロシアを批判した。また同党は各地の選挙で立会人が次々と不当に排除されたと主張するなど、不正選挙をにおわせる広報もしている。

公正ロシア首脳、2014年9月
地方選挙の低投票率を批判する公正ロシア首脳(左がレビチェフ国家ドゥーマ(下院)副議長、右がミロノフ党首)

公正ロシアはクリミア問題や東部ウクライナ(ドネツク・ルガンスク両州)の問題ではプーチン政権の立場を支持し、ドネツク・ルガンスク救援キャンペーンを展開、同党独自でも食料などの「人道支援」を両州に送る活動なども実施しているが、ウクライナ危機以降ロシア国内で高まるプーチン支持熱に、内政においては押され気味になっており、守勢に立たされている。今回の選挙結果批判も、そうした愛国主義の高まりのなかでプーチン政権を正面から批判しきれない同党の焦りが出ているともいえそうだ。

公正ロシア 公式サイト(ロシア語)
http://www.spravedlivo.ru/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。