--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-09-02

【ドイツ】ザクセン州議選で保守勝利も大連立か

8月31日、ドイツ東部ザクセン州(旧東独南部。州都ドレスデン)で州議会議員選挙(基本定数126、小選挙区併用型比例代表制)が行われた。その結果、保守のキリスト教民主同盟(CDU)が他党を引き離し勝利したものの過半数に及ばず、連立を組んできた自由民主党(FDP)が議席を失ったこともあって連立の先行きは不透明になっている。

CDUは得票を減らしながらも議席を上積みし、2位となった左翼党(Linke)を倍以上引き離したにもかかわらず、FDPが5%阻止条項を下回ったことにより与党は過半数割れした。このため議席を獲得した3位の社会民主党(SPD、社会主義インター加盟・進歩同盟中核政党)、欧州議会選で躍進が注目され今回は州議選初登場でいきなり4位となった「ドイツのための選択肢」(AfD)、5位の同盟90・緑の党(Grüne)から連立相手を選ぶことになるが、州議会で初議席となったAfDは保守系ながらも反オイロ(ユーロ)など政策に急進的すぎる面があり、緑の党は州の基幹産業である石炭についての政策がCDUと異なる。そのためSPDとの連立が浮上するが、同党も選挙戦を通じてCDUを激しく批判してきた経緯があり、連立形成は容易ではない。今後、続投が目されるティリヒ州首相の新連立形成が注目されるが、同州首相もAfDは連立対象外としており(また当然ながら左翼党も連立対象外であり)、その場合は緑の党よりも連邦レベルと同様、連立形成の政策ハードルを釣り上げた上でのSPDとの連立が有力視される。なお、極右ネオナチの国家民主党(NPD)は5%条項に0.05%及ばず、FDPと並んで全議席を失った。
ザクセン州は第二次大戦前にはSPDの金城湯池だったが、現在は保守(特にCDU)の金城湯池となっている。また東西ドイツ統一以降もSPDの議席は漸減し、左翼党(旧・民主社会党…旧東独共産党の流れを汲む)に得票を奪われる傾向にある。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

キリスト教民主同盟 59(+1)
左翼党 27(-2)
社会民主党 18(+4)
ドイツのための選択肢 14(新党)
緑の党 8(-1)

ドイツ社会民主党ザクセン 公式サイト(ドイツ語)
http://www.spd-sachsen.de/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。