--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-07-18

【スロベニア】総選挙で初登場の中道左派新党が躍進

13日、中南欧スロベニアで総選挙(定数90、小選挙区併用型比例代表制)が行われた。今回の総選挙は中道右派連立を率いていたヤンシャ前首相が汚職の疑いで逮捕され有罪判決を受けたのちの政治混乱によって成立した中道左派政権が崩壊したことによって行われたものだが、政界や既存政治家の混迷を反映して次々と新党が登場することとなった。

第1党となったのは弁護士のミロ・チェラールが5月末の欧州議会選挙後に急きょ立ち上げた中道左派新党、ミロ・チェラール党で、これにヤンシャ前首相のスロベニア民主党が続いた。第3党はスロベニア年金民主党で、第4党に左翼新党「統一左翼」と続き、社会主義インターおよび進歩同盟加盟政党の社会民主党(旧ユーゴ時代のスロベニア共産主義者同盟の後継政党)は僅差ながら第5党に沈んだ。全体として有権者の政治不信を反映し新党が伸ばす結果となったが、ヤンシャ元首相のスロベニア民主党もかなり踏みとどまる結果となった。いっぽう前中道左派政権を主導した「積極的なスロベニア」は前回得票のほとんどを失い、議席獲得ラインを割り込んで全議席を失ったが、ブラートゥシェク首相(女性)が選挙直前に立ち上げた分派が辛うじて議席を確保した。

詳しい結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

ミロ・チェラール党 36(新党)
スロベニア民主党 21(-5)
スロベニア年金民主党 10(+4)
統一左翼 6(新党)
社会民主党 6(-4)
新スロベニア 5(+1)
アレンカ・ブラートゥシェク同盟 4(新党、「積極的なスロベニア」から分派)
少数民族留保議席 2

社会民主党 公式サイト(スロベニア語)
http://www.socialnidemokrati.si/
ミロ・チェラール党 公式サイト(スロベニア語)
http://www.mirocerar.si/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。