--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-27

【コロンビア】大統領選は現職と右派新人の決選投票に

25日、南米コロンビアで大統領選挙の第1回投票が行われた。事前予測では現職・サントス大統領(国民統一社会党、社会主義インター加盟政党のコロンビア自由党も支援)が大差をつけることが予想されていたが、開票作業が進むにつれウリベ前大統領らが組織した右派政党・民主中央のズルアガ元財務相が伸ばして1位となり、決選投票に進むことが確実となった。3位はコロンビア保守党の女性候補・ラミレス元国防相、4位は首都ボコタの市長代行を務めたことがある女性のロペス候補(オルタナティヴ民主の軸…社会主義インター加盟政党)、5位は緑の党のペニャロサ元ボコタ市長となった。なお3位のラミレス元国防相と4位のロペス元ボコタ市長代行の票差はわずかだった。

来月15日に行われる決選投票ではラミレス元国防相の支持票がサントス大統領に流れるか、ズルアガ元財務相に流れるかがカギとなるとみられる。なお投票率はコロンビアの治安状況を反映し、約4割と推計されている。

コロンビア自由党 公式サイト(スペイン語)
http://www.partidoliberalcolombiano.info/
オルタナティヴ民主の軸 公式サイト(スペイン語)
http://www.polodemocratico.net/
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。