--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-02

【国際労働運動】国際労働組合連合(ITUC)結成

長らく資本主義諸国の労働運動の国際組織として活動してきた国際自由労連(ICFTU)が去る31日に解散。翌1日には日を同じくして解散した世界労働連合(WCL、キリスト教労組をルーツとする。国際労働組合連合の訳語もあり)と合流し、国際労働組合連合(ITUC)を結成した。新組織・ITUCは 156ヶ国の309組織を通じて、1億6千6百万人の労働者を組織することになる。
なお旧共産圏を中心とするもういっぽうの国際労働運動組織・世界労連(WFTU)は130ヶ国から1億2千9百万人の労働者を組織しており、第1・第3の国際労働運動が合流するなか、第2勢力である世界労連の対応が注目される。

第二次大戦後の国際労働運動の変遷については、以下のサイトを参考。
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/1999/rn1999-038.html
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。