--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-29

【マケドニア】総選挙で社会民主同盟が後退

27日、旧ユーゴスラビア・南東欧のマケドニアで議会総選挙(定数123、比例代表制)および大統領選挙の決選投票が行われた。その結果、いずれでも保守与党・内部マケドニア革命機関=マケドニア民族統一民主党(VMRO=DPMNE)が勝利し、旧ユーゴ時代の共産主義者同盟に端を発する野党・社会民主同盟(SDSM、社会主義インター加盟政党)は敗退することとなった。

マケドニアでは今回、大統領選挙(マケドニアは議院内閣制で大統領は名誉職的色彩が強い)と議会選挙が同時に行われた。決選投票制を導入している国としては珍しく、第1回投票日(13日に行われた)ではなく、決選投票日に議会選挙が行われた。大統領選の第1回投票では現職のイワノフ大統領(VMRO=DPMNE)が有効票の過半数を得たが、低投票率のため第1回投票での当選に必要とされる有権者の過半数には満たず、決選投票が行われることとなった(このため第1回投票は予備選挙的に位置づけられていると分かる)。その結果、27日の決選投票ではイワノフ大統領が社会民主同盟のペンダロフスキ候補を破り、再選を決めた。また議会選挙でもVMRO=DPMNEが議席を半数近くまで伸ばし、得票率を下げた社会民主同盟とのあいだに差をつけた。
VMRO=DPMNEはもともと排外的なマケドニア民族主義の傾向が強く、少数派アルバニア民族との融和を主張する社会民主同盟に連立交渉で苦杯をなめさせられることが多かったが、社会民主同盟が伝統的支持基盤に反して実業界・財界ロビーとのつながりを強めるなか、キリスト教民主主義を改めて掲げるなど庶民に近い姿勢が評価され、最近はアルバニア系政党との連立にも成功、政権基盤を安定させてきている。社会民主同盟は8年前の前々々回選挙で敗退して以来、一歩伸び悩んでいるようだ。
今後は社会民主同盟主導政権の樹立・首相ポスト獲得は難しく、VMRO=DPMNE主導の政権が継続すると見られる。

なお投票率は第1回投票が49%弱だったが、決選投票および議会選挙では本選挙として関心が高まり、64%強に伸びた。

議会総選挙の結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

内部マケドニア革命機関=マケドニア民族統一民主党 61(+5)
社会民主同盟 34(-8)
民主統合連合 19(+4)#旧アルバニア系武装ゲリラ組織「民族解放軍」が政党化したもの
アルバニア人民主党 7(-1)#アルバニア系穏健派
マケドニア市民のオプション 1(新党)
民族民主復興 1(-1)

社会民主同盟 公式サイト(マケドニア語)
http://www.sdsm.org.mk/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。