--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-31

【トルコ】地方選で保守与党が勝利宣言、野党・共和人民党及ばず

30日、トルコの約3200の自治体で統一地方選挙(事実上の小選挙区制)が行われ、エルドアン首相率いる穏健イスラム主義の公正発展党(AKP)が目標の39%を上回ったとして勝利宣言をした。野党第1党で「国父」ケマル・アタチュルク直系の世俗派・共和人民党(CHP、社会主義インター加盟政党)も根強い政権批判から都市部を中心に善戦が予測されていたが、首都アンカラおよび最大都市イスタンブールで勝利を逃した。エーゲ海に面する第三の都市イズミールではCHPが勝利を飾り、市政を死守した。この他、極右・汎トルコ主義の民族主義者行動党(MHP)と東南部のクルド人地区を基盤とする事実上のクルド系政党・平和民主党(BDP、社会主義インター加盟政党)が一定の首長および議席を確保した。

首都アンカラではCHP善戦の予想があったが、結果的には市議会定数26(トルコでは公選市長も市議会の一員となる)のうちAKPが圧倒多数の21議席を占め、CHP、MHPが各2議席、世俗派保守の民主党(DP)が1議席に留まった。エルドアン政権への大規模な抗議活動が展開されてきた最大都市イスタンブールでも定数40のうちAKPが26議席、CHPは14議席に留まった。いっぽう世俗派有権者の多いイズミールでは定数31のうちCHPが過半数の22議席を獲得して市政を守り抜き、AKPは5議席、MHPは2議席となった。

今回の地方選挙はエルドアン政権が大規模な汚職疑惑や強権的な政治姿勢への激しい抗議活動に揺れ、さらにこれまでAKPと蜜月関係にあった穏健イスラム教奉仕組織「ギュレン運動」が政府批判に転じるなど包囲網が強まるなか、野党がどこまで追いすがるかが焦点だった。だがエルドアン首相は選挙直前にツイッターやYoutubeへのトルコからの接続を断つなどネットに根強かった汚職疑惑の封じ込めをはかり、またも国内外から大きな非難を浴びたが、CHPはこうした批判を吸収しきれず、選挙結果には結びつけられなかった。この結果、8月に予定されているトルコ初の大統領直接公選に向けてエルドアン首相が出馬する環境が整ったとする見方が大きい。

共和人民党 公式サイト(トルコ語)
http://www.chp.org.tr/
平和民主党 公式サイト(トルコ語)#クルド語でないことに注意
http://www.bdp.org.tr/tr/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。