--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-05

【コスタリカ】大統領選は中道左派どうしの決選投票へ

2日、中米コスタリカで大統領選挙および議会選挙が行われた。

大統領選では当選に必要とされる40%に達する候補は出ず、民主社会主義の与党・国民解放党(PLN、社会主義インター加盟政党だが、日本の報道では中道右派視されることがある)のアラヤ・首都サンホセ市長と中道左派でキリスト教社会主義的な市民行動党(PAC)のソリス元PLN書記長が双方とも約30%の得票で4月6日の決選投票にコマを進めることとなった。アラヤ市長は国民解放党の与党としての立場を活かし、またソリス候補はかつて属していたPLNの汚職体質を批判し、激しい選挙戦となった。また3位には左派・拡大戦線(FA)のヴィラルタ国会議員が約17%の得票で、4位には右派リバタリアンの自由運動党(PML)を創設して何度も立候補しているゲバラ候補が11%で続いた。決選投票ではこれらの候補の獲得票がどちらに向かうかがカギとなる。なお初の女性大統領である現職のチンチーリャ大統領は再選禁止規定のため立候補していない。

立法議会(一院制国会)議員選挙(定数57、比例代表制)でも同様の結果となる見通しで、PLNとPACの接戦となるとみられる。

国民解放党 公式サイト(スペイン語)
http://www.plncr.org/
市民行動党 公式サイト(スペイン語)
http://www.pac.cr/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。