--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-01-30

【チェコ】社民党首班の連立政権樹立

昨年10月末の下院総選挙で社民党(ČSSD、社会主義インター加盟政党)が第1党となったチェコで今月、連立交渉がまとまり、社民党のソボトカ党首(元財務相)がゼマン大統領から次期首相に指名された。これを受けて29日、ソボトカ党首が正式に首相に就任、ソボトカ政権が正式にスタートした。チェコで社民党首班政権は7年ぶり。

新しい連立政権は社民党のほか、中道右派リベラル新党・不満の市民行動2011(ANO2011)、キリスト教民主主義のチェコスロバキア人民党で構成される。ANO2011は反汚職など政治の刷新を掲げながらも穏健派の新党で、前政権への批判を一手に受ける形で躍進、新政権ではバビス党首が副首相兼財務相に就任した。連立3党でぎりぎり過半数に達するため、今後は政権運営における3党の協調がカギとなる。

チェコ社会民主党 公式サイト(チェコ語)
http://www.cssd.cz/

スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。