--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-12-19

【ドイツ】大連立政権が成立

17日、ドイツ連邦議会(下院)でメルケル首相が正式に再任され、キリスト教民主=社会同盟(CDU/CSU)と社会民主党(SPD、社会主義インター加盟および「進歩同盟」中核政党)の大連立政権が成立した。

14日までの一般党員投票で大連立に7割以上の賛成を得たSPDからはガブリエル党首が副首相兼経済・エネルギー相に就任したほか、シュタインマイヤー前外相が外相に返り咲き。さらに環境相ポストを獲得し、メルケル首相が打ち出した脱原発政策においてSPDが重要な役割を果たすこととなった。

いっぽうCDUからは堅実な緊縮財政政策を担ってきたショイブレ財務相が留任したほか、女性初の国防相として7児の母でもあるライエン前労働社会相が抜擢され「サプライズ」人事と受け止められている。すでにメルケル首相の後継者視する報道もみられる。

政党別の閣僚ポスト配分は、CDU7、SPD6、CSU3となった。

ドイツ社会民主党 公式サイト(ドイツ語)
http://spd.de/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。