--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-12-08

【おくやみ/南アフリカ】マンデラ元大統領が死去

5日、南アフリカのマンデラ元大統領が死去した。95歳の高齢だった。

1918年生まれ。青年期よりアフリカ民族会議(ANC、現在は社会主義インターに加盟)に加わり、南アフリカの人種隔離政策(アパルトヘイト)強化に強く反発、ANC武装闘争部門の指揮官となる。しかし当時の南アフリカ白人政権に62年に逮捕され、64年に終身刑の判決を受け、90年まで27年にわたって収監される。しかし獄内で人間性に対する洞察を深めた彼は闘争の軸を非暴力に転換、89年にアパルトヘイト政策の廃止を目指すデクラーク大統領と獄内で会談、翌年初めにANCの合法化とともに釈放され、白人への復讐のない国民融和の政治活動に取り組んだ。これらの実績により93年にはデクラークとともにノーベル平和賞を受賞した。

94年に南アフリカ初の全人種選挙が行われ、約3分の2を得て第1党となったANCはアパルトヘイトの支柱だった保守政党・国民党(NP)、ズールー族保守王党派のインカタ自由党(IFP)と暫定憲法の規定に従い連立政権を組み、議会はマンデラを新生南アフリカの初代大統領に選出、白人と黒人および黒人間・民族部族間の融和と格差是正に積極的に取り組んだ。99年、任期切れに伴い1期で大統領を退任した。その後も「国父」として、息子のエイズでの死亡などアフリカの抱える深刻な社会問題に対して精力的に発言を行っていたが、齢90を越えた近年はさすがに衰えを見せていた。2010年南ア・サッカーW杯の閉会式出席が公式の場に姿を見せた最後となった。

南アフリカ政府の追悼式典は10日に行われる。53ヶ国の政府首脳級が出席の模様。日本からはインド訪問を終えられたばかりの天皇陛下に代わり、皇太子殿下が弔問の使者となる。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。