--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-29

【ドイツ】大連立で合意

27日、ドイツのキリスト教民主・社会同盟(CDU=CSU)と社会民主党(SPD)の二大政党は連立合意に達した。このままで行けば、12月後半には第三次メルケル政権が発足する見通し。

第一次メルケル政権での大連立政権において党の独自性を失い、09年総選挙での大敗を招いたSPDは、今回の連立合意において最低賃金制度の導入や年金支給などSPDの主張を大きく採り入れたものとなった。それでもSPDの一般党員には前回、独自性を失った記憶が生々しく、12月半ばに50万人近い党員による党員投票にかけることになっている。もしここで連立が否決された場合、連立の再組み換え(緑の党との連立など)や再選挙となる可能性もあり、ぎりぎりの政局と判断がSPDとその各党員に迫られることとなる。すでにガブリエルSPD党首は「反対すれば身勝手な党とみなされかねない」と党員に賛成投票を呼びかけている。

ドイツ社会民主党 公式サイト(ドイツ語)
http://spd.de
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。