--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-31

【パキスタン】新大統領選出、ザルダリ大統領退任へ

30日、パキスタンで大統領選挙(上下両院議員および4州議会議員による間接選挙)が行われ、フセイン・シンド州元知事が有効投票の8割以上、432票を集め当選を果たした。

フセイン元知事は72歳。シャリフ首相が率いるパキスタン・ムスリム連盟ナワズ・シャリフ派(PML-N)の副総裁で、シンド州都のカラチで繊維業を営む実業家としても知られる。パキスタンの大統領はパキスタン人民党(PPP、社会主義インター加盟政党)の前政権期に憲法が改正され権限が大きく首相に移されていたが、これまでザルダリ大統領はPPP党首(共同総裁)を兼ねていたため同党を通じて議会のコントロールが可能で、憲法に規定される以上の影響力を行使していた。しかしPPPが総選挙を経て首相ポストに次いで大統領ポストも失ったことで、パキスタンでは完全にシャリフ首相が実権を握る議院内閣制が確立されることとなった(ただし上院ではなおPPPとアワミ民族党の両世俗派の前政権党が多数を占めている)。フセイン新大統領は基本的にシャリフ首相の意向に沿った、名誉職的国家元首として振る舞うとみられる。またシンド州はPPPの地盤であり、PML-Nの勢力は弱いことから、同州知事の経験者を大統領に据えることでPML-Nのシンド州での勢力拡大を狙っているとする見方もある。

なお野党第1党のPPPは選挙が1週間前倒しされたことに反発して投票をボイコットし、ザルダリ大統領も立候補しなかったため、対立候補は野党第2党でクリケットの国民的英雄であるイムラン・カーン党首が率いるパキスタン正義運動(PTI)のアハマド元最高裁判事のみとなった。同元判事はPTI下院議員とPTIの勢力が強いカイバル・パクトゥンクワ州議会から支持されたものの、77票にとどまった。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。