--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-28

【モンゴル】大統領選で人民党候補敗れる

26日、モンゴルで大統領選挙が行われ、翌27日まで続いた開票の結果、与党第1党・民主党の現職、エルベグドルジ大統領がぎりぎりながら過半数の票を獲得し、決選投票なしで当選を決めた。野党・人民党(旧共産党、社会主義インター加盟政党)の国会議員で元モンゴル相撲横綱のバトエルデネ氏も42%弱と追いすがったが、わずかにおよばなかった。

また、2010年に人民党が旧共産党時代からの党名である人民革命党から党創設時の名称である人民党に復し「社会民主主義」を党の公式イデオロギーとした際、これに反対するエンフバヤル前大統領ら党内左派が人民革命党の継続を宣言し、党が分裂したことも響いた。
その人民革命党は昨年の議会選後、左派ながら中道右派の民主党の政権に参加し、今回大統領選挙には女性のウドヴァル保健相を擁立した。昨年の議会総選挙では人民革命党は民族民主党と連携し「正義の連合」を結成、得票率20%以上を得て躍進したため、今回も台風の目になると見られたが、前回議会選前後にエンフバヤル前大統領が汚職疑惑で摘発され、議会選は「人権侵害・政治弾圧目的の恣意的摘発」として乗り切ったものの、その後に有罪判決が確定し収監されたことで意気消沈したと見られる。議会選で提携した民族民主党も、今回大統領選では最初からエルベグドルジ大統領支持に回っている。

モンゴル人民党 英語サイト
http://mpp.mn/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。