--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-13

【イタリア】ローマ市長選で民主党候補が勝利

5月26日から27日にかけてイタリアの首都ローマで市長選挙が行われ、過半数の得票を得た候補が出なかったために9日から10日に上位2名、保守系「自由の人民」の現職アレマノ市長と、医師出身の民主党(社会主義インターと重なる「進歩同盟」参加政党)のマリーノ上院議員による決選投票にもつれ込んだ。その結果、マリーノ上院議員が6割以上の得票によってアレマノ市長に圧勝して民主党が「自由の人民」から5年ぶりにローマ市政を奪還することとなり、12日にマリーノ氏が就任、新市長が誕生した。

マリーノ上院議員は5月の第1回投票でも4割以上を得票し、約3割に留まったアレマノ市長を上回っていた。他に反汚職ポピュリストの「五つ星運動」の候補が1割強、モンティ前首相派の中道候補が1割弱で、それぞれ及ばなかった。決選投票は投票率が伸び悩んだため、アレマノ市長は票数をほとんど伸ばすことができず、他候補に投じられた票は決選投票ではマリーノ上院議員に投じられたか、もしくは棄権に回ったことになる。

なおローマ市議会議員選挙(定数40、変則的移譲式)も同時に行われ、マリーノ新市長を支持する民主党中軸の中道左派連合が29議席、アレマノ市長を支持した中道右派連合が11議席を獲得した。「五つ星運動」は議席を得られなかった。

民主党は前身となった政党のうち最大である左翼民主主義者(旧イタリア共産党)が社会主義インターに加盟していたが、旧キリスト教民主党左派との合併による新党としての民主党の発足によりインターへの加盟が中途半端になり、宙に浮いた状態となってしまっていた。しかしその後、民主党はより幅広い勢力の結集をめざす「進歩同盟」の発足に参加、党としての立ち位置を確保した格好となっている。

マリーノ新市長 公式サイト(候補者としてのサイト。イタリア語)
http://www.ignaziomarino.it/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。