--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-26

【ドイツ】2州選挙で社民党が第1党維持

去る17日に行われたドイツのベルリン市(州と同格)と旧東独北部メクレンブルク・フォアポンメルン(西ポンメルン)州の両州議会選挙で、いずれも社民党(SPD)が第1党を維持し、引き続き州政を担うこととなった。
ベルリン市ではSPDが30%を超える得票を得て、24%弱のキリスト教民主同盟(CDU)を大きく上回った。ほかに左翼党と緑の党が13%、自由民主党が8%弱を獲得した。
メクレンブルク・フォアポンメルン州でもSPDの得票は30%を超し、29%弱のCDUを僅差でかわした。左翼党は17%弱、自由民主党も10%近くを得票したが、極右の国家民主党(NPD)が7%以上を獲得し議席を得た。緑の党は5%ラインに達しなかった。
両州ではSPDと左翼党が連立政権を構成していたが、ベルリンでは緑の党との連立への組み替え、メクレンブルク・フォアポンメルン州では2大政党による大連立への組み替えを望む声もあがっている。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。