--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-16

【カナダ】ブリティッシュ・コロンビア州議選で新民主党僅差で政権奪還ならず

14日、カナダ太平洋岸のブリティッシュ・コロンビア州(以下BC州、最大都市はバンクーバー)で州議会議員選挙(定数85、小選挙区制)が行われた。あらゆる事前予想はBC新民主党(社会主義インター加盟政党である連邦レベル新民主党に連なる組織)の優勢を示していたが、開票の結果はクラーク州首相が率いる与党・BC自由党が「強い経済」をスローガンに議席を伸ばして逆転勝利し、新民主党による政権奪還はならなかった。ただしクラーク州首相みずからは小選挙区で落選した。

BC自由党はかつては連邦レベルの自由党と提携していたが、現在は連邦自由党・連邦保守党の両党とも関係がなく、独自の中道右派政党となっている。いっぽうBC州には保守党も存在するが、連邦レベルと違いミニ勢力であり、今回も議席を獲得できなかった。その他、BC緑の党が初めて1議席を獲得した。クラーク州首相も当面は留任できるが、近いうちに補欠選挙で議席を得ることが必要とされる。なおクラーク州首相は不人気な統合売上税(HST)をめぐって辞任したキャンベル前首相(現在は駐英カナダ高等弁務官=英連邦諸国間の大使相当)のあとを受けて就任し、今回が州首相として臨む初の選挙となったが、党としては前回選挙後に過半数ぎりぎりにまで落ち込んでいた議席を回復させたものの、自らは落選する苦い結果となった。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)

自由党 50(+1)#選挙前は45議席まで減らしていた
新民主党 33(-2)
緑の党 1(+1)
無所属 1

ブリテッシュ・コロンビア新民主党 公式サイト(英語)
http://www.bcndp.ca/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。