--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-21

【イタリア】大統領選で87歳現職ナポリターノ氏再選

20日、イタリアの大統領選挙(上下両院議員と州代表による間接選挙。投票総数は1007票)で、旧共産党およびその後継政党の旧左翼民主党(社会主義インター加盟政党だった)・民主党出身のナポリターノ現大統領が再選された。ただしナポリターノ大統領は現時点で87歳と極めて高齢であり、大統領の任期7年を満了できるか早くも危ぶまれており、上下両院選挙後の政局混迷収拾と安定政権の樹立に成功した時点で辞任するとの観測もある。なおイタリアでは大統領はこれまで憲法上の規定はないが1期で退任するのが通例となっており、再選されるのは初めて。

イタリアの大統領選挙は18日に開始され、当初は民主党を軸とする中道左派連合「イタリア共通善」とベルルスコーニ前首相率いる中道右派連合、さらにモンティ現暫定首相率いる中道勢力が連携して推す民主党内キリスト教民主主義派の重鎮、マリーニ元上院議長(80歳、カトリック系労働組合出身)の当選が有力視されていた。しかし肝心の民主党内で若手の有力者レンツィ・フィレンツェ市長などから「前世代の候補」とする批判が噴出して造反者が続出、第1回投票での当選に必要な3分の2(672票)の支持を大きく下回る521票しか得られず、当選を逃した。なお2位には既存3勢力の連携に反発した反汚職・反既成政党の新興ポピュリスト勢力「五つ星運動」(政治コメディアンのベッペ・グリッロ氏が党首だが、同氏は2月の上下両院総選挙に立候補しなかったため「無責任」とする批判もある。ただしイタリアでは議院内閣制であるものの憲法上、首相が国会議員である必要はない)が左派系勢力を渡り歩き、一時は左翼民主党に参加していたロドタ元下院副議長(79歳)が「五つ星運動」のみならず「イタリア共通善」内の民主党や「左翼・環境・自由」の一部の支持も得て入った。その後マリーニ氏は立候補を辞退し、第2回投票、第3回投票と行われたが既存3勢力は候補者を絞れず、一部にチアンパリーノ・トリノ前市長などを推す動きもあったものの事実上はロドタ氏のみが200票以上を獲得して大多数が白票・無効票や棄権、またはジョーク的な泡沫候補に票を投じる事態に至り、膠着状態となった。

第4回投票からは当選に必要な票が過半数(504票)に引き下げられるため「イタリア共通善」は急きょ候補者にプローディ元首相(元欧州委員会委員長)を擁立して必勝を期したが、プローディ氏の政敵であるベルルスコーニ前首相の中道右派連合は支持せず棄権に回り、さらに中道勢力の票の一部は女性のカンセッリエリ現内相に投じられたうえ、当の「イタリア共通善」からも造反票が多く、395票にとどまり当選できなかった。このためプローディ氏は立候補を辞退、さらには中道左派票をまとめられなかった責任を取る形でベルサーニ民主党党首が辞任を表明する事態に追い込まれた。第5回投票では「五つ星運動」以外の大多数が白票もしくは棄権に回り、再び膠着状態に陥った。

この危機的状況を受けてベルサーニ民主党党首、ベルルスコーニ前首相、モンティ現暫定首相の既存3勢力代表が名前を連ねてナポリターノ大統領に続投を要請。これまで同大統領は高齢を理由に立候補を固辞してきたが、政局混迷を収拾する「国への責任」として最終的に出馬を決め、第6回投票で過半数を大きく上回る738票を得て再選された。なお「五つ星運動」が一貫して推したロドタ元下院副議長は第1回投票から第6回投票まで安定して200票から250票を獲得しており、既存3勢力への不信の根深さを浮き彫りにした。

ナポリターノ大統領は再選後「国が難局にある事を忘れてはならない」と訴え、上下両院選挙以降2ヶ月も各勢力の合意ができずに政治空白およびモンティ現暫定首相の在職が続く政局混迷の収拾に乗り出す強い意向を見せた。イタリアの大統領は普段は儀礼的・名誉職的な国家元首の色合いが濃厚だが憲法上、政局が混迷した際には首相指名権や議会上下両院解散権などの強力な権限を発揮できる。しかし「五つ星運動」は今回の再選を既存3勢力による談合視して反発、大統領選挙が行われた下院議事堂・モンテチトーリオ宮殿前では「五つ星運動」支持者が抗議デモを展開し、ベッペ・グリッロ氏本人が今回の事態を「クーデター」と非難演説するなど、前途多難な状況となっている。さらにベルサーニ民主党党首はナポリターノ大統領の再選決定後に正式に党首を辞任し、事実上は次期首相への就任を断念したとみられる。今後はナポリターノ大統領の次期首相指名における主導権の発揮、もしくは議会解散権発動による再度の総選挙など、難しい決断を迫られることになる。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。