--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-30

【ヨルダン】複数政党選挙が50年ぶりに行われる

23日、中東でイスラエルとシリアに隣接するヨルダンで総選挙が行われた。これまで政治においてムハンマドから続く名門ハシミテ王家の力が強く、議会はほとんど王党派無所属で占められ国王の諮問・翼賛機関的な役割しか果たしていなかったが、今回から独立した選挙委員会が導入され、また政党の存在を前提とする比例代表制が一部導入されるなど、大きな変化が見られた。なお今回選挙される下院の定数は140、うち比例区27、女性留保議席15、残り98は小選挙区制で選出された。
新制度のため開票作業は慎重に行われ、約1週間を要したが、国王アブドラ2世を支持する事実上の与党勢力が圧倒多数を占めることとなった。

しかしムスリム同胞団の影響を受けたイスラム原理主義右派の有力政党・イスラム行動戦線は「比例区が不十分」としてボイコットを表明している。また小選挙区が都市部より農村部に重い議席配分となっていることにも批判があり、地元部族の代表的な候補者に有利とされている。それでも候補者の一部はイスラム原理主義系とみられる。

政党別の選挙結果は報じられていないが、地方部族の指導者、国王を支持する王党派、企業ビジネス経営者層が圧倒多数を占めた。左翼民主党(社会主義インター加盟政党)などのアラブ民族主義・アラブ社会主義者および無所属で立候補したイスラム原理主義者などの野党勢力は合計で約30議席を獲得したとみられる。また経営者出身議員の一部も政府に批判的とされる。今後はパレスチナ問題を抱えるイスラエルとの関係改善、および隣国シリアでの内戦への対応など、山積する課題にどう取り組むのかが注目される。

なお投票率は約56%と報じられた。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。