--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-09

【バヌアツ】議会選で民主社会主義政党が後退

10月30日、南太平洋の島国バヌアツで議会選挙(定数52、中選挙区制が基本)が行われた。開票を終え議席が確定するまで約1週間を要したが、選挙結果はナタペイ前首相(3度首相を務めた)の率いる民主社会主義的なバヌア・アク党(我が土地党、の意)が議席を後退させたものの第1党を維持、またハム・リニ元首相の率いる民主社会主義政党・民族統一党は議席を半減させ後退することとなった。なおキルマン現首相率いる人民進歩党は議席を増やし、保守派の穏健党連合は議席を後退させた。バヌア・アク党および穏健党連合の旧2大政党はそれぞれから離党したグループが一定の議席を確保するなど、これまでになく小党乱立が強まる結果となった。

リニ元首相は1980年代に独立後のバヌアツで親東側陣営の「メラネシア社会主義」路線を指導したウォルター・リニ元首相(バヌア・アク党)の弟で、首相時代には親中路線を採った。なお植民地時代にニューヘブリデス諸島として英仏共同統治だったバヌアツにおいて、バヌア・アク党と民族統一党は英語話者住民を代表している。また穏健党連合はフランス語話者住民を代表している。政治思想や経済政策と同等以上に有力政治家のあいだの人間関係がものをいうバヌアツ政治だが、今回の選挙結果を受けて、新しい連立政権の形成は非常に困難となり、また成立した政権も不安定になることが予想される。

詳しい選挙結果は次の通り(カッコ内は前回比)。

バヌア・アク党 8(-3)
人民進歩党 6(+2)
穏健党連合 5(-2)
民族統一党 4(-4)
土地と正義党 4(新党)
緑の連合 3(+1)
ナグリアメル 3(+2)
変革再統一運動 3(新党、穏健党連合離党グループ)
ラウコ・グループ 3(新党、バヌア・アク党離党グループ)
メラネシア進歩党 2(+1)
先住民民主ナナトク党 2(新党)
共和党 1(-6)
その他諸派4政党 4
無所属 4
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。