--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-31

【ウクライナ】議会選で親露派与党が勝利

28日、ウクライナで最高会議(一院制議会・定数450、今回から小選挙区比例代表並立制が復活)選挙が行われ、隣国ロシアのプーチン政権に近い親露派の与党が勝利した。

今回は親欧米派の雄であるティモシェンコ元首相が汚職の嫌疑で投獄されてのち最初の選挙で、ヤヌコビッチ大統領とアザロフ首相が率いる現政権の信任を図るものとして注目されていた。その結果、ロシア系住民を基盤とし旧ソ連共産党の共産主義時代的な支配機構の流れをくむ「地域党」が第1党となり、共産党や与党系無所属と連携して最高会議の過半数を押さえることが確実となった。ティモシェンコ元首相は立候補を許可されず、親欧米・ティモシェンコ派の「全ウクライナ同盟『祖国』」は大きく議席を減らした。またティモシェンコ派から分岐した社会民主党(社会主義インター元加盟政党)が組織した「ウクライナ前進」は議席を獲得できなかった。親欧米派のもういっぽうの雄であるユシチェンコ元大統領派の「我がウクライナ」も得票率わずか1%強で全議席を失い惨敗した。別の社会主義インター元加盟政党である社会党も凋落が著しく、得票率1%未満で議席を獲得できなかった。
いっぽうボクサー出身で元WBC(世界ボクシング評議会)ヘビー級王者のクリチコ氏が率いる新党「ウクライナ改革のための民主同盟」(UDAR、「一撃」の意)が親欧米自由主義路線と反既成政党・反汚職などを掲げて躍進し第3党となった。ただしクリチコ氏のカリスマ性に頼る同党の政治路線には不明確な面もある。このほか反ロシア・極右民族主義の「全ウクライナ同盟『自由』」(旧名・社会民族党)が初めて議席を獲得し、過激な主張にもかかわらず一挙に第4党となった。

今回の選挙結果を受けてヤヌコビッチ政権は安定度を増すとみられるが、欧州安全保障協力機構(OSCE)の選挙監視団はティモシェンコ元首相の立候補が認められなかった点などで民主性の後退を指摘している。またこの結果を不正によるものと抗議し、獄中のティモシェンコ元首相はハンガーストライキに入ると表明した。

なお投票率は約58%で、前回より約4%低下した。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

地域党 191(+16)
全ウクライナ同盟「祖国」 103(-53)
ウクライナ改革のための民主同盟 39(新党)
全ウクライナ同盟「自由」 35(初議席)
ウクライナ共産党 32(+5)
統一センター 3(新党)
人民党 2(-18、旧リトヴィン・ブロック)
急進党 1(新党)
同盟 1(+1)
無所属 43(多くは与党系)
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。