--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-22

【モンテネグロ】議会選で与党連合が約半数を確保

14日、旧ユーゴスラビアの一国モンテネグロで議会選挙(定数79、比例代表制)が行われ、与党・社会主義民主党(DPS)と社会民主党(SDP)の二つの社会主義インター加盟政党を主軸とする「欧州モンテネグロのための連合」が議席を減らしつつもほぼ半数を確保して第1勢力となり勝利を収めた。しかしレキッチ元外相率いる保守系・親欧米派の民主戦線(DF)が大きく伸ばし、同じく保守系で元親セルビア派・親ミロシェビッチ派だったが現在は親欧米派の社会人民党(SNP)は議席を減らした。また民主社会主義および緑の党に近い路線の新党「積極的なモンテネグロ」(PCG)が議席を確保した。
社会主義民主党は旧モンテネグロ共産主義者同盟の改革派をルーツとする政党で、一昨年に首相ポストをルクシッチ現首相に譲ったジュガノビッチ前首相を党首とする。ジュガノビッチ氏は大統領と首相ポストを往復してきた旧ユーゴ時代からのモンテネグロの最高実力者で、来年に行われる予定の大統領選挙では同ポストへの返り咲きが有力視されている。モンテネグロは人口百万に満たない小国であり、その政治においても政党の主義主張と同等以上に個々の政治家のパーソナリティによる面が大きい。

詳しい選挙結果は次のとおり(カッコ内は前回比)。

欧州モンテネグロのための連合 39(-9)
民主戦線 20(+7)#前回は「新セルビア民主党」と「変革のための同盟」。
社会人民党 9(-7)
積極的なモンテネグロ 7(新党)
ボシュニャク党 3(±0)
クロアチア市民イニシアティヴ 1(±0)

社会主義民主党 公式サイト(モンテネグロ語)
http://www.dps.me/
社会民主党 公式サイト(モンテネグロ語)
http://www.sdp.co.me/

スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。