--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-16

【リトアニア】議会選で社民党などが優勢、原発建設へも反対多数

14日、バルト三国のひとつリトアニアで国会選挙(定数141、小選挙区比例代表並立制。小選挙区部分は二回投票制)が行われ、中道野党の労働党および社会主義インター加盟政党の社会民主党が議席を伸ばし、政権交代が濃厚な情勢となった。また同時に行われた「ビサギナス原子力発電所」建設の是非を問う諮問的国民投票においては、投票が成立したうえ反対票が多数となる見通しとなった。

労働党はアメリカや日本の民主党と似た「社会主義色は明確にしないが、中道もしくはやや中道左派寄り」の政党で、社会民主党と連立を組む方向となっている。社会民主党は旧共産党改革・独立派とソ連併合以前からの歴史的社民派が統合した政党。また国民投票のほうは諮問的なもので拘束力はないが、クビリウス首相率いる保守与党「祖国同盟」がロシア産天然ガスへのエネルギー依存を下げるために計画を推進、日本の日立製作所が中心となって受注した経緯があり、これに対して投票が成立した上で反対が過半数になったことは無視できないと考えられる。また労働党や社会民主党が「祖国同盟」と比べて親ロシア的な姿勢が強いことも影響すると思われる。

社会民主党 公式サイト(リトアニア語)
http://www.lsdp.lt/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。