--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-25

【エジプト】ムスリム同胞団系のモルシ氏が大統領に当選

16・17日の両日に行われたエジプト大統領選挙の決選投票で、イスラム主義組織・ムスリム同胞団が創設した「自由公正党」のモルシ党首が大統領に当選した。ムバラク前政権末期に首相を務めたシャフィク元空軍司令官は世俗派に支持を広げて猛追したが、「前政権系の候補者」との批判を払拭できず敗れた。イスラム主義系の大統領はエジプトで初めて。

第1回投票でモルシ党首とシャフィク元空軍司令官が残った結果に対して、昨年の「革命」を担った層からは大きな不満が出ていたが、その後「ムバラク政権時代への逆行はできない」としてモルシ党首への支持を決めるグループが相次いでいた。

イスラム主義系の大統領誕生に対しては警戒する声も内外から上がっているが、モルシ党首は勝利演説で団結を訴え、また全国民の大統領になるとしてムスリム同胞団と自由公正党からの脱退・離党を表明した。この結果を受けて新首相にはエルバラダイ国際原子力機関(IAEA)前事務局長らの名前が挙がっている。またシャフィク元空軍司令官にも入閣を求めるとしている。

ただ現在も実権を握る軍最高評議会(議長・タンタウィ元帥)は今回の決選投票を前に最高憲法裁判所の判断に基づいて人民議会(下院)を解散し立法権を掌握しており、新大統領はそうした軍部ほか治安機関などとどう折り合いをつけていくかがカギとなる。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【エジプト】ムスリム同胞団系のモルシ氏が大統領に当選】

16・17日の両日に行われたエジプト大統領選挙の決選投票で、イスラム主義組織・ムスリム同胞団が創設した「自由公正党」のモルシ党首が大統領に当選した。ムバラク前政権末期に首相を務めたシャフィク元空軍司令官は世俗派に支持を広げて猛追したが、「前政権系の候補者」...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。