--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-20

【ギリシャ】議会解散、再選挙へ

今月6日の総選挙でどの政党も多数を得られず、また連立政権の形成でも合意できなかったギリシャで19日、パプリアス大統領は17日に初召集されたばかりの議会(定数300、3%阻止条項および第1党ボーナスつき比例代表制)を再び解散、再度の総選挙を行うこととなった。6月17日に投開票が行われる。

パプリアス大統領は憲法の規定に基づき、第1党の中道右派・新民主主義党(ND)、第2党に躍進した急進左翼連合(SYRIZA)、第3党の全ギリシャ社会主義運動(PASOK、社会主義インター加盟政党)に順番に連立形成を指示したが各党とも緊縮財政派と反緊縮派のあいだで合意をまとめることができず、挙国一致の専門家内閣も検討したが各党の強い反対にあい、新政権樹立を断念せざるを得ない状況に追い込まれた。選挙管理内閣の首相には二大政党の支持で緊縮策を進めてきた無党派のパパデモス現首相が反緊縮派の左右両派から反対にあい、代わって行政最高裁のピクラメノス長官が任命された。

なお初議会では今回初めて議席を得たファシスト的な極右政党「黄金の夜明け」(XA)が軍隊ばりに隊列を組んで議場入りし、イスラム系議員の宣誓に着席で抗議するなど混乱した議会や政局を象徴する行動をみせた。

再選挙においてはフランスやドイツに緊縮政策の修正を迫るとするSYRIZAが第1党となるとの見通しが強いが、NDとPASOKが巻き返して両党で過半数を獲得し緊縮策の実行が可能となるという予測も出てきた。いずれにせよユーロのゆくえをにらんで激しい再選挙となりそうだ。

全ギリシャ社会主義運動 公式サイト(ギリシャ語)
http://www.pasok.gr/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【ギリシャ】議会解散、再選挙へ】

今月6日の総選挙でどの政党も多数を得られず、また連立政権の形成でも合意できなかったギリシャで19日、パプリアス大統領は17日に初召集されたばかりの議会(定数300、3%阻止条項および第1党ボーナスつき比例代表制)を再び解散、再度の総選挙を行うこととなった。6月1...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。