--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-10

【マケドニア】社会民主同盟政権が敗退

 5日に投票が行われた旧ユーゴスラビアの1国、マケドニア議会総選挙(定数120、比例代表制)の総選挙が行われ、ブチコフスキ首相率いる社会民主同盟が約4分の1の議席にとどまるなど同党を核とする中道・左派与党連合が敗退。35歳のグルエフスキ党首率いる右派政党「内部マケドニア革命機関-マケドニア民族統一民主党(VMRO-DPMNE)」が過半数近い議席を獲得した。グルエフスキ党首は勝利を宣言し連立交渉を開始した。

 社会民主同盟は旧ユーゴのマケドニア共産主義者同盟の流れをくむ政党で、現在は社会主義インターに加盟しているが、同党はブチコフスキ政権のもとで実業界寄りのネオリベラル経済政策に傾斜していったとも評価されており、約3割にのぼる失業率に象徴される国内経済格差の拡大を招いた。
 こうした社会経済政策に批判的なグループが「新社会民主党」を結成(同党は約6%を得票)するなどの政治経済の混乱に嫌気がさした有権者が「内部マケドニア革命機関-マケドニア民族統一民主党」の支持に向かったとみられるが、19世紀末の政治結社「内部マケドニア革命機関」の流れをくむ同党はもともとマケドニア・ナショナリズムに基づく激しい排外主義で知られており、ギリシャやブルガリア、国内のアルバニア系少数民族のあいだに警戒心がある。同党はそうしたイメージの払拭につとめ、現在は「キリスト教民主主義」を標榜する他、アルバニア系穏健派と連立を組むなどしてきた。だが「国民解放軍」の流れのアルバニア系強硬派は社会民主同盟政権と連携するなど、同党の右派排外主義的体質への警戒心が解けたとはいえず、連立交渉や政権運営には困難も予想される。

マケドニア社会民主同盟(マケドニア語)
http://www.sdsm.org.mk/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。