--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-08

【セルビア】大統領選・議会選が中道左右両派の激戦に

6日、セルビアで大統領選挙(二回投票制)と議会選挙(定数250、原則5%阻止条項付き比例代表制)が行われた。今回の選挙は双方の選挙を同時に実施するために民主党(DS、社会主義インター加盟政党)のタディッチ大統領が自ら辞任、再出馬して行われた。
大統領選挙では戦犯容疑の色濃い極右・セルビア急進党(SRS)の穏健派が離脱して結成し、刷新をアピールする右派政党・セルビア進歩党(SNS)のニコリッチ党首が首位の座をタディッチ大統領と争ってきた。しかし双方とも過半数の票は得られず、2週間後の20日に行われる決選投票に持ち越されることとなった。第1回投票では、かつては故ミロシェビッチ大統領を擁し戦犯容疑の濃い左翼ナショナリズムで知られたセルビア社会党(SPS)のダチッチ党首(第一副首相兼内相)が3位に入ったが、ダチッチ候補は党のイメージを一新させ、その穏健化、中道左派化に努めている。決選投票ではそのダチッチ第一副首相が同じ与党としてタディッチ大統領を支持するとみられるため、優勢だと受け止められている。ほかに穏健右派・セルビア民主党(DSS)のコストニツァ旧ユーゴ大統領らが立候補しており、激戦となった。
いっぽう議会選ではセルビア進歩党がセルビア急進党の支持票をほとんど奪って第1党となり、民主党は遅れをとった。しかし民主党のほか議席を倍増させたセルビア社会党やリベラル派など現連立与党の合計では過半数に達しており、連立政権の継続はできる模様。

また同時にコソボ在住のセルビア人が独自の選挙を設定し緊張が走ったが、大きな混乱はなかった。

議会選の暫定的な結果は次のとおり(カッコ内は選挙前比)。

セルビア進歩党系連合 73(+43)
民主党系連合 68(-7。セルビア社会民主党、ヴォイヴォディナ社会民主連盟なども参加)
セルビア社会党系連合 44(+24。統一年金者党、統一セルビアも参加)
セルビア民主党 21(+1)
自由民主党系連合 20(+4、セルビア再生運動、社会民主同盟なども参加)
セルビア地域の団結 16(-7。G17プラスが中心)
少数民族組織計 8
セルビア急進党 0(-56)

民主党 公式サイト(セルビア語)
http://www.ds.org.rs/


スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【セルビア】大統領選・議会選が中道左右両派の激戦に 】

6日、セルビアで大統領選挙(二回投票制)と議会選挙(定数250、原則5%阻止条項付き比例代表制)が行われた。今回の選挙は双方の選挙を同時に実施するために民主党(DS、社会主義インター加盟政党)のタディッチ大統領が自ら辞任、再出馬して行われた。大統領選挙では戦...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。