--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-07

【メキシコ】中道左派オブラドル候補、及ばずか

 中道左右両候補が大接戦を展開しているメキシコ大統領選挙は6日、中央選管が最終集計結果を公表。中道右派与党・国民行動党(PAN)のカルデロン候補が社会主義インターに加盟する中道左派・民主革命党(PRD)のオブラドル候補に 0.58%の小差をつけて最多票を集めたと発表した。しかし「中央選管は選挙の執行・集計までが権限で当選者の決定権は選挙裁判所にある」として、カルデロン候補の当選は宣言しなかった。
 オブラドル候補は選挙不正などを理由に選挙裁判所での法廷闘争に持ち込む構え。両候補ともすでに「勝利宣言」しているほか開票中も一時期、オブラドル候補の優勢が報じられた経緯などがあり、一部票の有効・無効の入れ替わりや一部地域での投票のやり直しなどが命じられた場合、結果が入れ替わる可能性も残されている。
 なお今回選挙を地域別に見ると、アメリカ国境に近い北部ではカルデロン候補が、国境から遠い中米側の南東部ではオブラドル候補がそれぞれ首位に立っており、アメリカ経済との関連が見えて興味深い。さらに過去、一党支配政党だった中道ポピュリスト・制度的革命党(PRI)のマドラーゾ候補が各地で2位につけて善戦しており(これは首位を争う両候補が3位にとどまった地域が多いことを示している)、メキシコ国内の南北格差が明瞭に表れた選挙戦となった。
 また同時に行われた上下両院選挙は、次のような結果となっている。

【下院選挙結果】(定数500、小選挙区300+比例補償200)
国民行動党   208(小選挙区139、比例69)
民主革命党系  159(小選挙区62、比例97)
制度的革命党系 119(小選挙区99、比例20)
新同盟党     10(比例のみ)
社民・農民選択党 4(比例のみ)
#小選挙区の勝者は比例配分が少なくなる組み合わせ制度で、
 議席比と比例得票比の差は8%が上限とされる準比例制。

【上院選挙結果】(定数128、各州3議席と全国比例の並立制)
国民行動党   52(各州41、比例11)
民主革命党系  36(各州26、比例10)
制度的革命党系 38(各州29、比例9)#第2党!
新同盟党    1(比例のみ)
社民・農民選択党1(比例のみ)

3大政党のいずれも過半数を獲得できない結果となった。新大統領の議会運営は事前予想通り、困難なものとなりそうだ。

=======
最終的に決定していないとはいえ、オブラドル候補に不利な状況となりました。確かに大統領選は僅差ですが、議会選でやや離されている結果をみると、逆転への道のりは険しいかも知れません。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。