--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-23

【フランス】大統領選第1回投票で社会党候補が優勢

22日、フランスで大統領選挙(二回投票制)の第1回投票が行われた。即日開票の結果、社会党(PS、社会主義インター加盟政党)のオランド前党第一書記が4分の1を上回る成績を上げ、現職で右派・民衆運動連合(UMP)のサルコジ大統領を押さえて首位に立った。
3位となったのは極右・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(党創設者ジャン=マリ・ルペンの三女)で、以下4位に共産党(PCF)などからなる左翼戦線のメランション左翼党党首(欧州議会議員、元社会党上院議員)、5位に中道・民主運動(MoDem)のバイル議長がそれぞれ1割前後の得票で続いた。以下、6位には環境政党・欧州エコロジー緑の党のジョリ欧州議会議員、7位にはEU懐疑派右派の「立ち上がれ!共和国」のデュポン=エニャン・イェール市長、8位には極左勢力が結集した反資本主義新党(NPA)のプートゥー候補、9位には同じく極左トロツキスト政党・労働者の闘争(LO)のアルタウ候補が入った。なお投票率は約79%だった。

今回の投票の結果、過半数の票を獲得する候補はいなかったため、大統領選の帰趨はそれぞれ1位、2位となったオランド候補とサルコジ大統領のあいだで来月6日に行われる決選投票に持ち越されることとなった。フランスの大統領選挙で立候補した現職大統領が1位にならなかったのは第五共和制の成立以来初めてで、サルコジ大統領の新自由主義的な経済政策に批判が集まる結果となった。またサルコジ大統領を支持してきた中道右派勢力(「新中道」、急進党、現代左翼など)が一時離反の動きを示すなど、まとまりを欠いたことも響いた。いっぽうオランド候補は左翼急進党(PRG)やEU懐疑派左派の共和国市民運動(MRC)など社会党に近い勢力の結集に成功した。
世論調査によると決選投票では第1回投票でサルコジ大統領への批判を展開した各候補に投じられた票を結集する形でオランド候補が優勢となっている。しかし3位となったルペン候補の動向など不確定要素もあり、予断を許さない。ただルペン候補の獲得票は抗議票の要素もあり、必ずしも国民戦線の政策への支持を反映しているとは言えない。また大統領選挙の直後、6月に予定されている国民議会(下院)選挙の行方もあわせて注目される。

オランド候補 公式サイト(フランス語)
http://francoishollande.fr/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。