--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-18

【モルドバ】3年ぶりに大統領を選出

16日、旧ソ連でルーマニアに接するモルドバで大統領選挙(議会による間接選挙)が行われ、ティモフティ最高裁判所長官が新大統領に選出された。
モルドバでは大統領の選出に議会の6割以上が必要とされており、共産党と他の親欧米派政党連合のあいだで勢力が拮抗していたため、共産党のヴォロニン前大統領が辞職して以来過去3年間、大統領不在の異常事態が続いていた。しかし今回、共産党議員の一部が「モルドバ共和国社会主義党」に移り、親欧米派との協調に転換したこと、また政治家ではないティモフティ氏を擁立することで、今回の選出にこぎつけた。ティモフティ新大統領は1年半にわたって暫定大統領代行を務めていたルプ議会議長(社会主義インター加盟政党の民主党所属)から大統領職を引き継ぐ。ティモフティ氏は投票前の演説で欧州連合(EU)加盟をめざすことを明らかにし、また今後も政党には所属せず(政党間の)政治には関らずに(超党派の立場で)全国民のための大統領となることなどを述べた。
しかし共産党は今回の大統領選出プロセスに抗議して投票をボイコット、街頭でも首都キシニョフで抗議デモを行うなど緊張が高まっている。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。