--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-28

【エジプト】上院選挙でもイスラム主義派圧勝、民主社会主義派及ばず

1月から2月にかけてエジプトで上院にあたる諮問評議会(定数270、うち公選定数180、公選部分は小選挙区比例代表並立制)の選挙が行われ、先日の人民議会(下院)選挙に引き続きイスラム主義右派(原理主義)穏健派組織「ムスリム同胞団」主導の「自由公正党」が圧勝する結果となった。
選挙結果は「自由公正党」が公選部分の過半数を確保したほか、イスラム主義右派厳格派の「ヌール党」(光の党)が第2勢力、保守リベラルの新ワフド党が第3勢力となった。上記3党は連立を形成することですでに合意している。エジプト社会民主党、国民進歩統一党(タガンマア党、元体制内左派)などからなる「エジプト連合」は有力構成勢力の自由エジプト人党が選挙ボイコットを表明したため第4勢力にとどまり伸び悩んだ。有権者の関心も低調だった。
今後は大統領選挙に向け、社会主義インターが会議に招聘するなど注目するムーサ・アラブ連盟事務局長らを軸に民主社会主義勢力が巻き返しを図れるかが焦点となる。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。