--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-22

【メキシコ】来月2日の大統領・国会総選挙で左派が善戦

 来る7月2日に行われるメキシコの大統領および国会上下両院の総選挙では、中道・左派を幅広く結集してきた政党で社会主義インターに加盟する民主革命党(PRD)と同党が擁立するオブラドル・前メキシコシティ市長が善戦している。今回、オブラドル候補は出身母体のPRDに加えて社民主義派の「結集」、毛沢東主義の流れを汲む左翼・労働党(PT)の3党で「皆の福祉同盟」を結成し、これまで優位に選挙戦を進めてきた。
 だが現職・フォックス大統領の親米与党で中道右派・国民行動党(PAN)のカルデロン候補も、ここのところテレビ討論などを通じて支持率を急伸。世論調査によってはオブラドル候補を上回る数字が多く出るようになってきた。さらに3番手として前回の総選挙まで70年以上も万年与党の座にあった中道ポピュリスト政党で、これも社会主義インターに加盟する制度的革命党(PRI)のマドラーゾ候補が僅差で追う、三つ巴の展開となった。
 オブラドル候補は露骨な反米姿勢を避け、雇用を中心とした比較的穏和な政策を提示することで逃げ切りを図っている。

 メキシコの大統領は任期6年で再選不可。単純多数を獲得した候補者が当選する制度(得票が過半数に達しない場合も決選投票は行われない)。また国会は下院が比例代表を基本に小選挙区を大幅に組み合わせた制度(定数500)、上院が32州から各3名の議員(選挙区の第1党から2名、第2党から1名)と32名の全国比例代表の並立制(定数128)で選出される。
 現在の国会は上記の3勢力による鼎立状態で多数派が存在せず、今回の選挙後も同様の状況が続くと予想される。新大統領に誰が当選しても、野党多数の国会を前に困難な政局運営を強いられそうだ。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。