--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-25

【フィンランド】大統領選で社民党候補が敗退

22日、北欧フィンランドでハロネン大統領(社会民主党、社会主義インター加盟政党)の任期満了にともなう大統領選挙が行われた。その結果、保守・国民連合党のニーニスト元副首相が1位、環境派「緑の連盟」のハーヴィスト国会議員が2位となり、両者が来月5日に行われる決選投票にコマを進めることとなった。
3位は農民政党・中央党のヴァイリネン元副首相、4位はEU懐疑派で右派の「真のフィン人」のソイニ党首となった。ハロネン大統領の後継をめざした社民党のリッポネン元首相は5位と振るわなかった。ニーニスト元副首相は前回大統領選挙でもハロネン大統領に対して善戦している。
フィンランドでは近年、大統領の権限が縮小されて半大統領制から議院内閣制への移行が図られており、大統領は国家元首ながらも名誉職的なポストになりつつあるが、それでも環境派の候補が躍進したことは驚きをもって受け止められている。またEUを覆うユーロ危機のなかにもかかわらずEU懐疑派の「真のフィン人」の勢いがそがれたことも注目されている。

フィンランド社会民主党 公式サイト(フィン語)
http://www.sdp.fi
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。