--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-20

【スロバキア】中道左派スメルが勝利

 04年のEU加盟後初となるスロバキア国会総選挙(1院制、定数150・比例代表制)が17日に投票され、翌日の中央選管暫定発表によれば中道左派で社会主義インター加盟政党の「スメル-社会民主主義」が第1党となった。フィツォ党首率いる同党は旧共産党改革派や社会民主主義者が結集した政党で、民主キリスト教連合のジュリンダ首相率いる中道右派連立政権が導入したフラットタックス(単一税率課税)など急進的な経済改革による格差の拡大や汚職体質などを批判。累進課税の導入やイラクからの派遣部隊撤退なども訴え票を伸ばした。
 ただスメルの議席は過半数に及んでおらず、ジュリンダ政権を構成していた中道右派を切り崩すか、民族主義者との連立が不可欠となる。90年代に左派民族主義を掲げて国際的孤立を招いたメチアル元首相の「民主スロバキア運動」も連立入りを狙っており、その場合欧州統一通貨ユーロの導入が遅れることが懸念されている。
 また前回、議会初進出を果たしたスロバキア共産党は5%阻止条項を超えられずゼロ議席となった。

各党の得票率(予想獲得議席数)
 スメル-社会民主主義 29.14%(50議席、中道左派)
 民主キリスト教同盟 18.35%(31議席、中道右派)
 スロバキア国民党  11.73%(20議席、右派民族主義)
 ハンガリー人連合党 11.68%(20議席、少数民族中道)
 民主スロバキア運動 8.79%(15議席、左派民族主義)
 キリスト教民主運動 8.31%(14議席、中道右派)

スメル公式サイト(スロバキア語)
http://www.strana-smer.sk/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。