--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-30

【アイルランド】新大統領に労働党のヒギンズ氏

27日、英国に隣接する島国アイルランドでマカリース大統領の任期満了に伴う大統領選挙が行われた。開票は複雑な移譲式投票のため時間を要したが、最終的に与党第2党・労働党(社会主義インター加盟政党)のヒギンズ元文化相(70)が約60%の得票を集め、勝利する結果となった。任期は11月からで7年。
選挙は中道保守リベラルで共和主義の野党第1党・共和党(フィアナ・フォイル党)に近い実業家のギャラハー氏が優位とされ、ほかにアイルランド共和軍(IRA)元司令官で英領側北アイルランド自治政府のマクギネス副首相(シン・フェイン党)らが出馬していた。しかし詩人として、また人権活動家として著名なヒギンズ氏が与党第1党・統一アイルランド党(フィナ・ゲール党、キリスト教民主主義系)のミッチェル候補からの移譲票などを受けて、終盤で逆転することとなった。
議院内閣制を採用するアイルランドでは憲法上は大統領の権限は大きいものの実質的には首相の権限が伝統的に大きく、大統領の役割は儀礼的・名誉職的なものに限られる。しかし今回の選挙の結果、首相ポスト(ケニー首相)を与党第1党の統一アイルランド党、大統領ポストを与党第2党の労働党と、両連立与党で住み分けることとなった。なお同時に憲法改正のための国民投票(アイルランドでは日本と同様、憲法改正には国民投票が必須)が行われ、裁判所判事の減給を可能とする改正案は圧倒多数で可決されたが、議会の調査権を拡大する改正案は言論の自由などとの関連で法曹界からの慎重論があり、主要政党が軒並み推進したにもかかわらず否決された。また投票率は約56%だった。

ヒギンズ候補 公式サイト(英語)
http://www.michaeldhiggins.ie/
労働党(アイルランド)公式サイト(英語)
http://www.labour.ie/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。