--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-29

【フランス】上院選で社会党躍進、左派が過半数を確保

25日、フランスで元老院(上院)の選挙(定数348・およそ半数改選)が行われた。その結果、社会党(PS)が大きく議席を伸ばし、他党も含めた左派の合計で上院議席の過半数を確保する結果となった。
フランスの上院選は自治体議員を中心とする選挙人による間接選挙で行われるため、人口の少ない自治体が多い農村部の意思が過大に代表される傾向が強く、それを背景に第五共和制の樹立以降は右派(保守)が常に過半数の議席を握っていた。このため「農業の院」などと呼ばれたりもしていた。しかし今回、社会党はこの傾向を覆すこととなった。また来年の大統領選挙において再選をめざすサルコジ大統領にとっては打撃となり、いっぽう大統領ポストの奪還を目論む社会党陣営には追い風となる。

各党の主な議席の消長は次のとおり(カッコ内は選挙前比)。

(左派)
社会党(PS)60(+19)
フランス共産党(PCF)16(-1)
欧州エコロジー緑の党(EELV)10(+6)
左翼急進党(PRG)2(±0)
その他左翼諸派 7(+3)

(右派・保守)
民衆運動連合(UMP)56(-12)
新中道(NC)6(+2)
中道同盟(AC)4(-2)
急進社会党(PR)2(+2)
その他中道・保守諸派 4(-3)

(その他)
民主運動(MoDem)3(-3)

社会党 公式サイト(フランス語)
http://www.parti-socialiste.fr/
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。