--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-29

【コロンビア】右派ウリベ大統領再選、左派に新しい動きも

 内乱と暴力に揺れる南米コロンビアで28日に行われた大統領選の投開票の結果、治安対策に辣腕を振るってきた親米右派の現職、アルバロ・ウリベ大統領(写真)が過半数を上回る得票で再選を果たした。コロンビアで大統領が再選したのは初めて。
 中央選管の発表(開票率99%)ではウリベ大統領は得票率62%強を獲得。民主改革党を核に旧ゲリラを含めた左派が結集した「新民主の軸」候補のカルロス・ガビリア上院議員(元憲法裁判所長官、得票率22%)と、3月の国会選で下院第1党を維持した社会主義インターに加盟する中道左派・自由党候補のオラシオ・セルパ元内相(同12%弱)を大きく引き離し圧勝した。
 左翼ゲリラ・コロンビア革命軍(FARC)や麻薬マフィアによる暴力やテロが吹き荒れる同国で、ウリベ大統領は米ブッシュ政権の支援を得て年間3万件(!)にのぼっていた殺人をほぼ半減させ、左翼ゲリラを抑えこんで投資の拡大を呼ぶなど、治安面での実績が評価された。
 いっぽう人権侵害が問題視されてきた右派民兵には穏和な姿勢での武装解除にとどめており、こうした政権の姿勢への不満が伝統左派の自由党ではなく、新興左派が推すガビリア候補に寄せられた。
=======
 反米左派が勢いを増す最近の中南米では珍しい親米右派の圧勝となりましたが、過去40年も内戦状況とテロの応酬が続いてきたコロンビアの治安を考えると、選挙どころではなかったのが実情でしょうね。そのなかでも組織戦の議会選挙と候補者のイメージが物をいう大統領選挙の結果が食い違うのが興味深いところです。
スポンサーサイト

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

西形公一

Author:西形公一
もと「民社ゆーす」(旧民社党全国青年部系)事務局長。昔は漫画と法律のことなどをやっていましたが、その後にインド・ネパール・タイなど熱帯アジアの国ぐにとパシュミナを軸とする小口貿易やNPO、研究活動など人とのつながりなどの縁ができて、今に至っています。写真は夕刻のゴア(インド)にて。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。